プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR

07月30日(月)

名前のおはなし


お久しぶり、の しーなです。
今日も暑いですねぇ。

さて
いきなりですが、我々は『しーなとシュウ』というユニット名です。
まぁ、『シーナ&シュー』とか『しいなとしゅう』とか『シイナ&しゅー』など、苦笑する表記に出会うこともしばしばありますが(笑)。

そして、
ご存知の方も多いと思いますが、時折、
『椎名まさ子と執事フライデー』あるいは『梶山シュウと家政婦サンディ』という名前でも活動しています。
なんのことやら…と呆れていらっしゃる方もあるでしょう。
ふざけてる?と思われているかもしれません。
いえいえ、これでけっこう我々としては大真面目。
むしろユニットというものの本質を真剣に捉えているつもりでして。

どういうことかといいますと
『しーなとシュウ』は既に完全なるユニットの形を成しており
それ以外のなにものでもない、といいますか
椎名まさ子、梶山シュウ、という個人を離れて存在し生きている感じです。
それこそが『ユニット』というものであろうとも思います。

一方『執事フライデー』は、梶山シュウが、椎名まさ子のソロ演奏を完全にバックサポートする、
つまり、相方は全面的にメインのお役に立つ側にまわる、というカタチです。
『家政婦サンディ』は、その逆パターンであり、椎名まさ子が梶山シュウのソロ演奏をサポートするわけです。
ネーミングはそれぞれが自分で考えました(笑)。

これらの場合、相方はサポート業務に徹し、演奏上の努力は当然しますが、基本出しゃばりません。
よほどの事態が起きない限り、演奏の仕切りも音楽的な主導権も『奥様』や『旦那様』に委ね、ひたすらひたすら仕えるのです。

まぁ、それぞれにソロ活動をする我々ならではの発想でしょうが
コレ、客観的に観察すると結構おもしろいだろな、と思います。
選曲も、アレンジも、しーシュのベクトルとは全然違う。
元々のフィールドもバックボーンもかなり離れている二人ですので。
ただ、当然息は合いますからリハなんかは話が速い。
二人とも誰かのサポートをするのは大好きですし。


最近、あちこちで実験的にちょくちょく演っていますので
ぜひ一度ご覧くださいまし。


ちなみに
ワタクシしーなは、この家政婦という立場がかなり気に入ってます。
日頃、けっこうイヤミに『女王様~』などとからかわれたりするので(笑)、たいそう新鮮。

対してシュウは、よく自分のことを『使用人体質』などと言っておりまして(笑)
執事というものは仕える人物に対し実は発言権があるものであり偉いのだ…とかなんとか
居心地はよさそうです。


これまで、ツキイチのホテル営業で『執事フライデー』で演ってまいりましたが
今週、初めて『家政婦サンディ』として登場します。
ギター(!)弾き語りのシュウを、しーなが黙々とサポートする姿、
観てみませんか?