プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR

08月13日(土)

先日、しーシュ珍しくツアー車での行程途中、立ち寄ったサービスエリアに、松田聖子の顔写真がデコレートされた大型トラックが停まっておりました。

個人の車なのでせうか?。
ツアーの機材車にしては壱台だけ、といふのも変だ。
いわゆるデコトラにしても「聖子ちゃん」はさすがに異質である。
俗に云ふところの「痛車」といふやつだらうか・・・
さう思ひながら見てゐると、しーなさんがポツリと云ひました。

『聖子ちゃんって、あんなにオデコ出す必要あるんかねぇ?』

わっしはかう返しました。

『それを云ふなら、椎名まさ子はあんなに脚を出す必要があるんかねぇ?、とも云へるが』


本来、椎名まさ子、といふ人は、人前で(ましてやステージで)脚を出すやうなキャラではありませんでした。
日頃はラフなひとですが、いざステージに上がる、となればキチっとドレスを着こなし、その衣装に相応しい所作を身に付け、そのゴージャスな雰囲気は、一部女性の憧れ、と云はれた事もあったのです。


「夏の短パンツアー」といふ名前も、そもそも「生脚でライヴす」といふ事ではなく、移動その他諸々はラフに短パンで、しかしステージでは浴衣をビシと着こなして・・・、といふ意味合いでありました。

ところがある夏のツアーで、ある日の会場があまりに暑く『こんな中で浴衣なんぞ着ておれるか!』となり、なかばやけくそでしーなさんは(わっしもですが)、移動して来たまんまの姿、Tシャーツに短パン、といふ出で立ちでステージに上がりました。

写真参照(2011年浜名湖WATTS)
tanpan.jpeg


ライヴは大ウケでした。
それ以降、しーなさんは、短パン姿でライヴすることに躊躇わなくなったさうです。

もとより、かなりの脚線美をお持ちの方。
わっしはしーシュのプロデューサーでもありますので、さういふ「素材」を売りに使わぬ手はありますまい。
ちょうどその頃から急速に勃興しはじめたSNSなどで、ステージ写真が公開され、そはあまねく広がってゆきました。
各地で美脚が話題になるにつれ、椎名まさ子の中での逡巡は完全に消え去り、最近では『短パンから短パンに履き替えてステージに上がる』といふ事すらあります。

いまや、夏の椎名まさ子と云へば『生脚のヒト』。

その美脚は、男性のみならず女性にも話題となり、冬場にまで『あれ?短パンぢゃないの?』と云はれたりもします。
その点でのわっしのプロデュースは、つんく並みにアタった、といふ事であります。

良きかな。
そのせいでわっしは「エロデューサー」と呼ばれたりもしますが、まぁそれも良きかな。


ただまぁ、彼女、よく転んだりモノにぶつかったりなさるので、そのたんびに生傷や青タンが生じ、プロデューサーとしては『売り物に傷をつけぬやう』といふかんぢで、しーなさんが短パン姿で石畳の歩道なんぞ歩いてる日にぁ、ハラハラするのもたしかであります。