プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR

03月01日(木)

この初春の九州ツアーで、会場入りまで半日 自由時間が取れた日がありましたので、太宰府にすこし寄ってきました。

しーなさんの娘さんの学業成就を祈願す、とのことで、ははぁここはさういふ神様の神社なのか、と。

まァわっしはツイデですので、しーシュの成就を祈願しました。

神社仏閣にはもともとそれほど興味がなく、ましてや名所旧跡にも興味が深くないので、これまで気に留めてませんでしたが、旅をするやうになると、各地の神社やお寺を訊ねたりするやうにはなりましたね。
ひとり旅の時、ぶらぶら町を歩いてゐても、道祖神や祠、などを見かけると自然に手を合わせるやうになりました。
クリスチャンのわっしですが、さういふのは「宗教」とは関係ないハズです。

太宰府ではいろんな発見がありました。

中でも目から鱗、だったのは『飛梅(とびうめ)』てのが、梅の品種ではなかった、といふ事ですか。

わっしぁてっきり桜のソメイヨシノ、だとか梨の幸水、とか、さういふ梅の『品種のひとつ』だと思ってたのですね飛梅。

飛梅伝説
平安時代の貴族・菅原道真は、平安京朝廷内での藤原時平との政争に敗れて遠く大宰府へ左遷されることとなった延喜元年(901年)、屋敷内の庭木のうち、日頃からとりわけ愛でてきた梅の木・桜の木・松の木との別れを惜しんだ。
                <中略>
伝説の語るところによれば、道真を慕う庭木たちのうち、桜は、主人が遠い所へ去ってしまうことを知ってからというもの、悲しみのあまり、みるみるうちに葉を落とし、ついには枯れてしまったという。
しかして梅と松は、道真の後を追いたい気持ちをいよいよ強くして、空を飛んだ。ところが松は途中で力尽きて、摂津国八部郡板宿(現・兵庫県神戸市須磨区板宿町)近くの後世「飛松岡」と呼びならわされる丘に降り立ち、この地に根を下ろした(これを飛松伝説と言う)[1]。
一方、ひとり残った梅だけは、見事その日一夜のうちに主人の暮らす大宰府まで飛んでゆき、その地に降り立ったという。




へ〜〜〜〜っ!
そんな伝説があるとはつゆ知らず!
RIMG3717.jpg

しーなさんからは『それを知らずしてアンタは『飛梅』を歌ってたのか?!』と呆れられてしまひました。

まぁ日頃 賢しらな言動が多いわっしを「博学」だと思ってゐる人も多いと思ひますが、実際はこんなもんですよ。
へへへ


あ、太宰府で知ったもぅ一つの新発見は、「梅ケ枝餅」てのが別に梅の味がするわけではない、といふ事ですか。
たっぷりの餡子とやーらかい餅がアツアツで、たいへんおいしぅございました。

もみぢまんぢうのやうなバリエーションで「梅味」があっても良いやうに思ひましたよ。
RIMG3691.jpg