プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR

07月06日(金)

夏が近づいて来ましたね。

さう、短パンの季節です。
今年もしーなさんの美脚が解禁されております。
まぁ最近は季節問わずステージ上ではミニか短パンで、「あと一年」「あと一年」と云ひながら、美脚はまだまだ健在のご様子。
殿方諸兄、もぅ少し楽しめさうですよ。

ところで、間近に接してゐると気づくのですが、彼女、その美脚によく「青タン」をこさえておられます。
しかも、気づかぬ間に・・・

「これどしたの?」
「え?」
「また出来とるよ(痣が)」
「あら?ホントだ・・痛ッ・・・いっっ・・・た!」

といふ会話がよく成されます。
最近ではその青タンをわざと指で押して痛がらせる、すこしSなワシなのでした。

青タン=青痣とも云ひ、打撲による皮下出血が表層に透けて見える状態

「打撲などによる内出血」と医学的には云はれておりますが、内出血するほどの打撲をすれば、その時だって相当痛いはずですよねぇ。なのに、なぜそれを憶えておらぬのか、ワシには謎でした。
ところがぢつはこれ、女性によくあること、なのださうです。

あくまでも一般的に、ですが、男といふ生き物は「外傷」といふものに極めて過敏であり、その逆で女性はさういふ刺激に鈍感なのださうです。へ〜〜〜〜っ!。どういふ作用が働いてのことか、までは知りませんが・・・。

これも聞きかじった知識ですが、生き物といふは「痛みの記憶」を瞬時に忘れる本能を持ってゐるさうですねぇ。
そは、肉体がそんな記憶を(正確に)持ち続けてゐたら「生けていけない」ゆえの防御本能なのだとか・・・。

云はれてみると、痛みの記憶、てのはあくまでも心の記憶・・・・『痛かったなぁ』といふ気持ちの記憶ですよねぇ。
病気や骨折などでづっと痛い、てのは、その時生み出される痛み、を感じてゐる訳で、痛みの記憶が身体に残ってゐる訳ではないです。それを思へば「神経痛」ってイヤですねぇ・・。

話が逸れましたが、まぁそんな風に「瞬間の痛み」に鈍いゆえに、

青タンの 出来て気付く 過ぎし酒

といふ句が捻れさうな昨今ですが、まぁある意味「商売道具」な訳ですんで、しーなさんにはますます打撲に留意していただきたい、と、今年も思ひます。

さう云へば、いつぞやの夏だったかに、あまりにひどい青タンが出来てゐて、こはさすがに・・・となりまして、タマタマその時ワシが持ってゐた「タトゥー・シール」を貼ったことがあります。
これはなかなか好評でした。
彼女のイメェヂと反するところも、また・・・。

な訳で、もし彼女の足にタトゥーシール(か、それに準ずるもの)が発見された時には『あぁ、また青タンが出来たンだな』と思ってください。
cnapiano.jpeg