プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR

09月25日(火)

あらあら、気がついたら半月も更新してないぢゃないの

てな訳でまたまたわチシ、シュウの四方山コースです。
「蚊」につひて話してみませうか

夏の嫌な部分の代名詞「蚊」

最近は夏以外の季節でも見かけるやうになりましたが、いやですねぇ。
いや、ホンマは一年中ゐるらしひのです。
本来、冬の間とかは天井裏とか壁の隙間とかでぢっとしてるモンだったらしひのですが、住宅事情が変わり、まぁ壱年中温暖になった「家」といふ環境の中で、特に姿を隠す必要もなくなった、のでせうか。

生きとし生けるものとして、どんなちーさな命も大切にすべきではありますが、こやつらだけは無条件にツブしたくなります。どんな恩情もかけてやる気にはなれませんねぇ。

わチシは特に「蚊に食われやすい」体質、のやうで、複数のヒトとゐてもまづ最初にやられ、壱番数多くやられます。キャンプ場などでわチシの周りだけに、ぱっと見て分かるくらい蚊が集まってゐる、といふのは珍しくないです。
全然嬉しくないですね。

こやつらは世代交代が早いせいか、なかなか狡猾であります。
おそらくニンゲンの目の動き,身体の動きなぞを読んでおり、気付かぬところを狙って来やがります。
んで、関節、とかを何故か狙いやがります。
これが痒いのなんの・・・

蚊による痒みはアレルギー反応ださうで、例えば新生児には抗体がないので蚊に食われても痒くはならない。また一説によると、弐年くらい休みなく蚊に食われ続けると、逆にカユミに対する抗体が出来て痒くなくなるさうです。イムフルエンザの予防接種みたいなもんか・・・。
ただ、抗体は壱種類の蚊にしか効果がないさうですんで。

てゆーか弐年も食われ続けてたら気が狂ってしまいさうでんな。

今年も、まぁいっぱい食われちまいました。
旅が多いとやはり、ね。
掻けば掻くほど痒くなる、てのぁ分かっちゃゐるんですが、まぁ掻いちゃいますよねぇ。
で、傷になって、さらに痒くなって、といふ。

ちなみにわチシは掻きむしって傷になったところにムヒとかあーいふ刺激系のカユミ止めを塗ってシミるのをわざとやります。なんか「効いた」気がします。

IMG_5797_20120925214504.jpg

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

またも共通項発見!汗

(告知で見に来て遡ったので時季はずれのコメントで失礼します)
嬉しくない共通項、って事ですが、「虫にしか好かれない体質」私もです。
自称、人間蚊取り線香です。そのうちキャンプでも一緒に行き競い合いますかw
高校が山形の田舎で夏場は川遊びなどよくしたのですが、あまりに刺されるので
一度数えたら片足で27カ所もやられてたことがありました。
ま、耐性はついてるのでひどく腫れることがないのだけが幸いですが。
人に語ることの出来る、虫さされ系ドヤ顔話では、耳の穴の中を刺されたことが
ありますね。地蜂だと思うのですが、潜り込まれたのでカキだそうとしてたら
刺しやがったという。

そうそう、私はかきむしった傷にキンカンをたっぷりかけるのが好みです。
もののテレビではキンカンにかゆみ止め成分は無いそうですが、あの刺激は
キンカンに勝るもの無し、と家の中、車の中に常備しております。
来シーズンにでもお試しあれ。