プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR

09月11日(水)


またまたわチシです。
けふは「のど」のお話

我々の、何日も続くツアーのスケヂュールを見て友人はよく「キツくないか?」と訊きます。
そりゃまぁ、それなりには・・・
でも、ツアー中てのは、壱日を移動とライヴだけに使えば良いので、案外地元にゐて他にせなならん事がいっぱいある、みたいな状況でライヴ演るよりは、ある意味「楽」です。

あと「喉は大丈夫?」てのも訊かれます。

さう
我々は、「二人で歌う」といふメリットも大きいですが、ぢつに二人ともたいへん「喉が強い」のであります。

唄うたいの中には、常時マスクを着用し、気温や湿度に気を使い、酒もタバコもやらず、スゴい人になると刺激物のいっさいも摂らない、といふつはものもおります。
ワシらは、タバコはやりませんが、酒は飲む、刺激物は大好き。
ツアー中も喉のケアひとつしたことがありません。
エアコンの中だらうが野外であらうが、おかまいなしに寝るし、夜更かしも多いです。

まぁ自慢して良い事ではないですけどね。
神様に感謝しませう。

二人がリードヴォーカルを取れる、と云ふ、まぁ安心感もありますし、なんつっても歌ってきた年数には自信がありますので、今のところはそんなかんぢで済んでおります。

わシは以前タバコを吸っておりました。
結構なチェーンスモーカーで、壱宴会にひとハコとか、そんなかんぢ。
そのかんぢで云ふと、喉に悪いのはタバコよりむしろお酒かな?と思ひます。
喉の粘膜に直接アルコールが触れる訳ですのでね。
気管を煙が通る、のよりもダメージは大きいはずです。
まぁ、せめてあまり濃ゆひ酒を飲まぬやうにするのが得策、かな?。

でも人によってはばんばん飲みながら歌う人もゐますよね。
飲むごとにツヤを増して行く声の人、とかね。

あれはさすがに真似できませんね。

ウチらは、だいたいいつもリハが終わった段階で、本番までに30分以上待ち時間があれば、ビール一杯づつくらい飲みます。したらちょーど緊張がほぐれ、なをかつ演奏や唄に支障を来たさぬ程度の酔い、で抑えれますのでね。

でもまぁ、正直あんまり若くないデュオですので、これから先は分からんですね。
個人的には、今人生で一番良いかんぢに声が出てゐるので、これをキープしたい、といふ思ひがあります。

まぁ、だからっつってこれからも大したケアはせぬだらうし、酒も飲むでせうし、麻婆豆腐もばんばん喰ふでせう。

余談ですが、ふたりともそれぞれ何度か、「声が出なくなる」といふ事態を経験した事はあります。
これがもし、ツアー中に、二人が重なって起こってしまったら・・・・・・

インストバンドにするしかありませんねぇ。
てな訳で、練習、練習。

431518_249353948476880_36444490_n.jpg
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment