プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR

05月27日(火)

旅慣れる、といふ事のひとつに「何処ででも眠れる」といふ事があります。
これは大きい。

て事で、けふは「眠り」のお話。
前にしーなさんも書いてたっけ?

わチシは意外にも、以前はいわゆる「枕が変わると寝付けない」といふタイプでした。
基本的に眠りが浅いタイプでもあるやうで、修学旅行や社員旅行、キャンプなどで眠れる事はほとんど無く、大抵が二日目以降寝不足がたたって機嫌が悪くなったりする面倒な奴だったのです。

それがまぁ歳とれば変わるもので、いまは割と何処でも眠れるやうになりました。
まぁ年間これだけ旅してゐて「枕が変わると寝れぬ」では死にに行くやうなものですんでね。

でも、本当に「何処でも寝る」奴に比ぶれば・・・

学生時代の友人に、横になれさえすれば公園のベンチだらうが電車の網棚だらうがあっと云ふ間に寝る奴がおりましたし、もっとつはものになると、所謂「う○こ座り」の姿勢で熟睡する者もおりました。
あれぁまた逆にある種の「睡眠障害」かなんかではないか・・・と。

相方のしーなさんは自らを「昼寝の天才」と呼び、ごく短い間に睡眠を取る事に長けております。
そのわりに、夜あまり寝れぬタイプらしく、そこはまぁ各人でケアしてもらふしかありませんな。


まぁ打ち続くツアーのおかげで、わりと何処でもすんなり眠りに落ちることが出来るやうになったわチシではありますが、これがまた困った事に、電車移動の際、『目的地が近づくと眠くなる』といふ厄介な特性が発動しておるやうです。

2時間くらいの電車移動があると、しーなさんは割と早いうちに仮眠をとる態勢に入ります。その折、わチシに「アンタも寝たら?」と声をかけてくれますが、わチシはいつも「結構。」と応え、実際しばらくは起きております。

で、目的地まであとふた駅、くらいのところで急激に眠くなるのです。
で、眠り込んでゐる処をしーなさんに起こされ、呆れられるのです。

なんなのでせうかねぇ?

2281137_1492588101_157large.jpg
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment