FC2ブログ
 
プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR

04月11日(木)

最近、なにやら『シュウ」といふ名前をよく聞くな、と思って調べたら、どーやらさういふ名前のイケメンキャラがアニメにゐるらしいがこちらはイケメンではない梶山シュウです。

いやいやいや・・・平成が終わるさうですね。
気づけば30年以上。
即位が早くて長生きした昭和天皇の60年以上には及びませんでしたが、まぁ、30年と云へば短くはないですな。

思へば、すべての価値観が音を立てて変わっていった感のある「平成」といふ時代でしたな。

考へてもみなさい。
まだ「テレホンカード」が贈答品として有り難がられてゐた頃から、たった30年で、今や「ケータイ電話」すら時代遅れな代物です。「コンピュータなんぞ素人が自宅に持ってなにすんねん?」と云はれてた頃から、たった30年で「あ〜俺ってパソコン見ないんス、ぜんぶスマホで」といふ時代に!。

仮にこの30年ナニかで意識を失ってしまい、今目覚めたとしたら、それはもぅ別の惑星に来てしまった錯覚すら覚えるのではないでせうか?。さうあの旧名作映画「猿の惑星」のやうに。


音楽では、あの空前のバンドブームがあり、社会現象となった「アマチュアバンド」といふものも、今やすっかり下火になりました。昨今は外に出ないで自宅で音楽を発信することは当たり前で、人前に出る必要のなくなった音楽家は「カッコ良い存在」であることも放棄しました。上下スウェットのボサボサ頭のデブ(←タマタマこないださういふ人の特集を読んだ)でも音楽界の寵児たりうる時代となり、かたや ほぼなんの才能もない見てくれがケバいだけの子供の集団が、仕掛け人の腕次第でTVの音楽番組を席巻する時代となりました。

パンクがフォークと合体して「メロコア」なるものが生まれ、「青春パンク」などといった訳のわからんジャンルが出来ました。ロックはひたすら低音化して行き、しかし本質的には30年でさほど変わったものはなく、古くからロックを聴く者からすれば、どれも「焼き直し」に過ぎぬ感は否めない。

その昔「パンク」に必要とされた既存社会への強固な反発や蹉跌は、「ラップ」といふものに引き継がれ、そのラップもまたソフィスケイトされ、「レゲエ」は戦いの音楽から癒しの音楽へ変貌しました。

ハード面ではDATとMDが生まれ、そして驚くべき速さで消えて行き、レコードがCDに追いやられ、店舗から姿を消し、そしてそのCDすら買われない時代になり、なぜかまたレコードが静かに必要とされてゐる・・・。


オモロいっちゃオモロい時代だったと思ひます。
個人的に、平成真っ只中の30〜40代にかけては、仕事が充実してゐたこともあって、ホンマに好きな音楽だけに没頭できてゐた気がしますね。

遍歴だけを追っても、R&B系バンドのシムプルなベース弾きからジャズロックバンドの変態プレイヤーおよびコンポーザーとなり、ベースソロでのパフォーマンスを始め、自分がリーダーを務めるプログレバンドを設立し、ソロでのツアー「唄旅」が始まり、そしてしーシュの結成、と、よぅ色々と頑張った30年、と思ひます。

音楽家として一番アブラの乗ってゐた時期に、現在につながる重要なパーソンと多く出会えたのは、ホンマにラッキーでしたね。こっから先はわからんですが・・・。


で、まぁ、気づけば「平成」も終わるんださうですよ。
まぁ、さうでせうよ。

ひとまわり若い世代のミュージシャンたちの意外にも多くのものが「平成最後」とか「令和最初」にこだわってゐる姿には、なんか違和感を覚えずには居れぬのですが、まぁ30年の間に、音楽をやる、といふことはさういふ事に変化したのでせう。

歌は世に連れ世は人に連れ


さ、唄を作りませうか。

46495538_353136005457681_6896935299406888960_n.jpg
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment