FC2ブログ
 
プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR

05月19日(火)

このブログだけを更新する事にいみがあるのか?の思ひもありますが、いつかホームページが復活した際には、華々しく・・・もないでせうが、しっかり返り咲くであらうブログを更新します。

あっといふ間に世の中が大変な事になり、あれよ、といふ間にライヴもできぬ日常となりました。
これはツラい。
この期間、いったいどれほどの数のライヴが、本来あるべきところからなくなってしまったでせうか?。
ツラいですね。

このところ、ミュージシャンの間で「ネット配信」といふものを活用したライヴ、が勃興しつつあります。
ラヂヲ、やテレヴィ、と違って、大手の企業を挟まない状態での自由放送(あえて「放送」と呼びます)が、個人の力で出来るやうになってきた、といふのは、多分ものすごい進歩です。
すでに もぅけっこう前から「メヂャー」といふ音楽産業概念が実権(実感)を持たない時代になってをりますが、これからはこの「配信」によって、さらにラヂヲやテレヴィをも凌駕する「インディーズ」が生まれるのでせうか?。

テレヴィを持たぬ私ですが、今や大手の報道局が一般人の撮影した動画を使って放送してゐる、とも聞きます。
そらぁさうですよね。
「はい事件!」でキャメラマンが機材持ってアシスタントやディレクターも連れて飛び出して、といふ手間の前に、今や世界中に「キャメラマン」ゐるわけですからねぇ・・・。画質や技術を問わず「話題性」だけを珍重するなら、ニュゥスはホットであればあるほど良いわけで・・・。

プロの世界が狭く厳しくなりますよねぇ・・。

しーシュも「配信」にはお世話になってをります。
地道に全国あちこちを旅して、地道にコアなファンを得て来たおかげで、「しーシュが配信ライヴをする」と云へば、その全国各地の我らを支持してくれる人が見てくれる事になりました。
これは本当にありがたい事です。

例えばまぁ、我らが日頃演ってゐるタイプの箱では、どぅ頑張ってお客さんを入れても100人が限度です(そこまで一気に呼べたことはないですが・・・)。しかし、全国(全世界)一斉配信ならば、それこそ沖縄から北海道まで点在する我らのファンが見てくれるわけです。さう、300でも400でも・・・。

これはスゴいことですね。

そこに「料金」が設定できれば、我らの稼業にとっては重要な収入源にもなります。

しかし・・・
我らはこの「配信」をうまく使って活動の補助にして行こうとは思ってをりますが、世で密かに云はれてゐるやうに、これから『これが主流になる』とも思ひません。これはあくまでも「非常手段」。新しい、別の流れ、です。

非常手段としては、これまでの世にない画期的なアイテムになったことは間違いない。
でも我らは、世が正常化したら、やはり自分たちの足で各地を回り、一箇所一箇所はささやかではあっても、そこで触れ合える人たちと、空間を共にして音楽を紡ぎたい、と思ふのです。

そして時折、この便利で画期的なツール「配信」を使って、なかなか会えない人たちとも交流を持ち、息災を確認し合う、といふ、まさに柳のやうにユルくしなやかな活動をしていきたい、と思ふわけです。

長くなりましたが、さういふことで94672239_2997456683666579_8517506350874361856_o.jpg


 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment