プロフィール

しーシュ

Author:しーシュ
---------------------------------------------
    しーなとシュウ
---------------------------------------------

ピアノ&ボーカル 椎名まさ子
ベース&ボーカル 梶山シュウ
デュオユニット

オフィシャルサイト
へもお越しくださいませ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR

10月11日(月)

シルクロードを旅して来て

その間に色々事件があったみたいで、まぁ日中間の国家的感情があんまり良い状態ぢゃなかった訳です。
が、我々が旅してゐる中では、そんな事を実感する事態は、特にありませんでしたよ。
勿論、出会う人全てが親切だった、とか云ふつもりはないけど、それでも局面局面では充分親切にしてもらったし、誠意も真心ももらったやうに思ひます。

何処に行ったって嫌なやつもゐれば、善い人もゐる。

にしてもオモロかったのは、中国の人たちってのは、訊き返す時に「あぁん?」て云ふのです(笑)。

例えば「お勘定してくれ」てときに「マイダン」て云ふのですが、まぁこちら中国語が堪能な訳でもなく、それがよく聞き取れんのでせうね。「あぁん?」て訊き返されるのです。

「パードン?」とか「エキスキューズ?」とか、ではなく
これは日本で使うと結構問題のある言葉ですね。
なまじ同じ発音と使われ方なだけに。
要するに喧嘩売ってるときの、あの「あぁん?」と同じ。
「すいません、お勘定」
「あぁん?」

これは日本の客商売ではありえないですな。

最初はびっくりするんだけど、中国人同士でもそうだから、あぁ日本人が嫌いだったり、不機嫌なのではなく、これがこっちの人の「パードン?」なのだ、と思へば馴れてきます。

いや、ね。
いま、それこそ諸問題が色々あって、皆がヒステリックにすぐ「中国は」とか「日本は」とか云っちゃうでしょ?
それが割と悲しいのです。
そんなバッサリ決めつけるなよ、と。
勿論我々がタマタマ良い旅行をしただけなのかも知れんし、人によってはホンマに嫌な目に遭った人もゐるだらうし、実際簡単ではない問題なのだらうけど。

それでも、思ふ。

我々があの旅で出会った人たちは、ホンマに善良な人たちだったし、出来る事ならあの人達にまた逢いたい、と。

それが気軽に出来る国同士であってほしい、と。

強く願います。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment